会長挨拶

  • HOME »
  • 会長挨拶

東京教区教宣師会 会員各位
皆様におかれましては、日々ご法務ご研鑽のこととお慶び申し上げます。

さて、2年間の育成講座を修了した方から成る教宣師会ですが、何よりの特徴は「教宣師」という肩書きよりも、むしろ、そこに集う「人」によって規定される会であることと思います。所属の組、年齢を超えた交流を深め、それが自身の研鑽、自坊における教化へと繋がる可能性を持つという意味で、当会の運営、存続は大きな意義を持つものと考える次第です。

各自が希望するテーマに合わせて講師の先生をお招きして研修会を行い、また他団体では実行に移すことが難しい内容を小さな規模から始められることは、教宣師会ならではの強みです。その上で、会としての方向性としては、外部の視点を意識し、現代の衆生の悩みに幅広く応えることをテーマとして参りたいと考えております。様々な立場で抱える思いに対し、積極的に「発信」を行うべく力をつけること、それが次世代の東京を生きる浄土宗僧侶として、社会における役割を担うことへと繋がるのではないでしょうか。

皆様と共に学び、考えて参りたいと心より願っております。ご意見なども随時賜りたくお願い申し上げます。

東京教区教宣師会 第五代会長
北部組香念寺 下村達郎

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 浄土宗東京教区教宣師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.