教宣師会について

  • HOME »
  • 教宣師会について

浄土宗東京教区教宣師会は、教区内の「新任教師の育成を考える委員会」が企画立案した2年間にわたる講座を修了した浄土宗教師によって組織されています(発足:平成19年3月)。

この講座の受講資格が原則「加行終了後10年以内」の東京教区寺院所属教師であるため、会員も僧侶になって日が浅いものが多く、また年齢層が幅広く、尼僧の会員の比率が高いことが特徴です。

現在第5期までの育成講座修了生68名が会員となっており、法式・布教・教義など分野を問わず会員の問題意識をもとに研修会を企画し、研鑽を積んでいます。

また平成21年より、毎年「時の記念日(6月10日)」には「自死者追悼法要」を行っております。

*「ともに祈る」事務局
連絡先:tomoniinoru@gmail.com
自死者追悼法要『倶会一処~ともに生き、ともに祈る~』ブログ

教宣師育成講座 関連

カテゴリー

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 浄土宗東京教区教宣師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.