「東京教区教宣師会第2回zoomミーティング」を開催いたしましたので、
下記の通り、ご報告いたします。

開催日時 : 令和3年9月6日19:00〜20:30

参加者: 11名

ミーティング要旨 :
・現状報告
・コロナ禍でのご自坊での取り組みや工夫について
・今後教宣師会研修で取り上げてもらいたいこと

所感 :

一年前の第一回ミーティング時は、コロナの状況は一過性のものだろうという期待があったかと思いますが、未だに先の見えない状況となっています。その中で、できることを日々工夫され、この状況を活かし集まれないからこそできることがないかを模索されている様子を伺うことができました。

またコロナ後についても、一度縮小した行事やお檀家さまとのつながりが以前のように戻るのか、どのように戻してゆくかについて不安に思われているとの声が多くありました。コロナの状況でなくとも、お檀家さまに日頃から細やかに寄り添うことが大切では、といったご意見があり、改めてお一人おひとりと向き合えるよう日々を積み重ねることが重要だと感じました。

今回は悩みのご相談やご参加の皆さんへ質問をしたりなど、前回より気軽に話ができたように思います。短い時間ではありましたが多くのことを共有でき、貴重な機会となりました。

 

ご参加いただいた皆様におかれましては、誠にありがとうございました。

合掌