2021年6月10日木曜日に、大本山増上寺安国殿にて自死者追悼法要「倶会一処~ともに生き、ともに祈る~」の法要を営みました。

東京教区教宣師会では、自死で大切な方を失われた方の祈りの場として、平成22年より自死者追悼法要「倶会一処~ともに生き、ともに祈る~」を行なっています。
今年も感染症予防のため、皆さまに会場においでいただくことはかないませんでしたが、約60組の方にお申し込みをいただき、当日は50組以上の方とともにお祈りさせていただきました。

また、今年も中継の様子は事前にお申し込みをいただいた方のみ視聴可能とし、ご希望の方のご回向は配信後に改めて行うなど、ご遺族の心情やプライバシーに配慮して行いました。

オンラインとなって2年目となりますが、今年は首都圏だけでなく全国からお申し込みをいただきました。オンラインだからこそご参加いただける場合もあり、ご参列いただくのと合わせ、配信も同時に行うなど、この経験を活かし、祈りの場として皆さまに寄り添えるよう、今後もこの場を整えてまいりたいと思います。

来年こそお参りいただき、会場にてご一緒にお念仏を称えることのできる世情となるよう願っております。

合掌